子供を伸ばす褒め方!効果すごい!私の体験談

子育てをしていると子供への褒め方に
悩むもの。お子さまの成長と共に常に
悩むのではないでしょうか?

意外ときちんと褒めるって難しいものなん
ですよね。そもそも褒めるって何?

褒めることに深く掘り下げてみると
本当のお子さんたちを伸ばす褒め方
が見えてくるのではないでしょうか?

自分の幼少期を思い出してみたり。

毎日お子さんへどういったときに
褒めているのか?

まずは思い返してみることからはじめては?

今回は私が体験して効果がすごかった事を
書いてみました♪

はじめに


なぜ褒め方を変えてみようと思ったのか?

私はいつも娘がお手伝いをしてくれて
頑張ったから褒める。

自転車に乗れたから褒める。
自分の名前を書けたから褒める。

このように何か出来たときに
褒めていました。

全く悪い事ではないし子供も褒められる
ので嬉しいですよね。

ですがうちの娘は何かにチャレンジする
時にこわがってしようとしないんです。

途中で諦める・・
失敗する事におそれているような・・・

失敗したら怒られる?
ママとパパに褒められてもらえない?

どこかでこんな感情を抱いているの
かもしれません。

自分で考え行動し失敗してもいいから
チャレンジ出来るように導いてあげれた
らなと。

子供を伸ばす褒め方とは?

出来たから褒めるのではなく頑張って
いる過程を褒めるように
する

以前、家族で縄跳びの練習をしました。

縄跳びを跳べたことに対して褒めるのではなく、

縄跳びを跳べるように
何回も頑張っているから出来たんだね。

○○ちゃん頑張っているね(*^-^*)

っと言うようにしてみました。

すると思わぬ展開が!!

失敗する事を恐れていた娘が何度も挑戦
するんです!

そして自分で考えどうやったら跳べるのか
を考えるのです。

言い方ひとつでこんなにも変わるなんて!
私も主人もビックリしました・・・

出来たら褒める=そこで満足して挑戦しない

今までこのような感じだったのかもしれません。

日頃の言葉かけって本当に重要なんだなと
反省しました・・・汗

夫婦で共有する

子育ては夫婦でするものです。

子育てについて考えさせられる事が成長
と共に増えてくると思います。

親として夫婦が協力する。

しっかりとお互いの意見を共有し合う事
が大切だとおもいます。

夫婦としてのアイデンティティを確立してい
きましょう。

まとめ


子育てとは本当に難しいです。
成長と共に毎日悩まされます。

しかし毎日が子供、私自身も成長へ
とつながります。

子育て4年目!まだまだ未熟ですが
子育てという経験をさせてくれる家族
に日々感謝です。

長いようでとても短い子育てを楽しみ
たいと思います。

子供への褒め方に悩まれているなら
頑張っている過程を褒めてあげる!

一度実践してみてください(*^-^*)
参考になれば幸いです♪

いつも見ていただきありがとう
ございます(*^-^*)






コメント